読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現代的大学院生の社会人になる準備メモ

もうすぐ社会人になる大学生と自分自身への回顧録

中学高校と熱中した卓球を社会人になって再開したい

卓球 日記

中学高校と部活動にのめりこんだ。

中学校のときに卓球部に入ってから、今まで卓球というスポーツに対しての魅力は

まったく衰えてない。

多くの年齢層が同時にプレーでき、試合と練習どちらにも面白い面があって初心者から

上級者まで様々な楽しみ方ができる点も気に入っている。

また、気がついたらセルロイドからプラスチックにボールが変わって非常に驚いた。

昨今のオリンピック効果で多くの学生が卓球の面白さを知ってもらいたいし、もっと

気軽に卓球を楽しめる場所を増やしてほしいと思うこのごろである。

 

さて、なぜ卓球の話題で話を書くことになったかは、自身の人生を決める上で

多くの影響を与えてくれたスポーツであるからである。

小学校のころは野球やドッチボール、サッカーなど多くの人数でプレーするチーム

競技を多く遊んだ。集団行動や結束といった意味でも幼少期からこれらのスポーツを

プレイすることは非常に有意義だと思うが、自身にはチーム競技がむいていなかった

ようだ。どうも集中すると視野が狭まるというか仲間を使うといった考えが競技中に

生まれない。これがよいか悪いか別として陸上長距離のような一人でコツコツとする

ものが性分にあってると幼心に感じていた。

 

中学生になって卓球を始めたのは、入学したときの担任の先生が卓球部顧問であり、

当時自身の学校の卓球部は関東大会に出場し、各部活で一番厳しいと言われていたから

である。謎の上昇志向と向上心から卓球部に入った。最終的には部長にまでなったが

実力は県大会出場レベルであったことから察するとおり初心者を超えたくらいだった。

これは自身が反射神経がなく空振りをしやすい、緊張してやわらかいプレーができない

など多くの性格的問題や能力的問題があったためであり正直非常に悔しい思いは多かっ

た。だが卒業するころになって卓球部やめるととたんにあの厳しい練習が恋しい。卒業

の年の担任が若い新しい卓球部の理科の先生で、その先生の影響で理系に興味をもち

始めたのもこの時期なのである意味研究者を目指したのもこの時期である気がする。

 

中毒なのかわからないが当時他の中学の仲の良い友人も卓球部に入ったこともあり

高校でもよく考えず卓球部に入部した。高校ではもちろん自身よりうまい選手も

多かったが、受験等でやめていく人が多い進学校の卓球部で3年間続けていたのは

このスポーツに対してえも言えぬ魅力を自身が感じていると認識したのがこの時期で

あったからだと思う。

 

ところが大学に入ってから5年間卓球は完全に日の目を浴びなかった。勉強がしたくて

大学に入ったはいいものの学費を工面するためにアルバイトをいくつも掛け持ちし時間

がなかった点や、大学のサークルに入るお金もないくらい困窮していた点もある。

あのころの自分は経済的状況の悪化で相当参っていたし、それでも勉強したいという

思いが完全に勉強一本に振り切れたいたので、まさしく正しい勉強する大学生であ

った。これが幸いしてか研究職につくまでに自身の進路を絞れたのだから一つの選択の

結果として妥当であったと思うこのごろである。

 

修士課程での進路が決まった心に余裕が出てきている最近の卓球欲はとても大きい。

正直修論より大きい。

中学のころの部活の同級生で社会人卓球をしているメンバーと一緒に再開し始めたもの

の体が動かない。そもそもスポーツを5年もしなければ体もなまる。

非常に悔しいが最近は筋トレをして体を作るところから再開中である。

 

また、心機一転新しく卓球を始めるのに用具が欲しい。8年前のラケットと5年前の

ラバーで卓球するのには限界を感じているし相手にも申し訳ない。

ラケットもずいぶん湿気ているように感じる。

 

最近のスポーツ用具の進化はすさまじく、自身の使ってたラケットやラバーは廃番で

あった。友人も線型が違いあまり参考にならない。

 

よい道具を誰かにご教授頂きたいものである。