読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今まで使用したラケットとラバーから今後使用する用具を考えたい

 

卓球を再開して約半年。

月に二回程度ではあるが、だいぶ基礎的な動きを思い出し

試合をしても形にはなる動きができるようになってきた。

 

今年は卓球を再開したものの、新しく購入したのはシューズのみであり、

ラケットやラバーは高校時代のもの(5年前)や友人のもらい物で

練習したので統一感や必ずしも自身のプレースタイルに一致していないものが多く

そろそろきちんと購入して練習に取り組みたい。

 

そこで中学校で卓球をはじめてから今まで線型や用具を確認して

今後の用具や練習の参考にしたいと思う。

 

1中学時代

最初の線型はいわゆる粒高である。私は左利きのため当初顧問からはシェークの攻撃を

勧められた記憶があったものの持ち方がペンの方が気に入っているのでペンがいいと

固執したため粒高になった記憶がある。

しかしペンがいいというだけでもともと守備やショートよりフォアで強打したい自分は

殆ど粒を使わずに3球目攻撃を行い、その後反転やレシーブのときだけ粒高といった

使い方をしていたためよく怒られていた記憶がある。

結果的に2年になった頃には、それだけ攻撃するならシェークにしろと線型を変えら

れてしまい、現在までシェークハンドである。この時の顧問にペンの攻撃をなぜやら

せてくれなかったのか今でも疑問に思う。確かにシェーク全盛期の今、ペン攻撃は数が

減っていると思うが戦型を部活動で強制するのは正直どうなのかと今は思っている。

結果的にシェークハンドの裏表で中学時代は練習に取り組んできたが、もともと

粒だったので早い打点で返す練習を多くしたため男子であったが台から離れてのプレー

や打点を落としたドライブみたいな器用なことはほとんどできなかった記憶はある。

 

用具

何かの中ペン(バタフライ、水色のグリップ)

↑名前を知ってる人がいたら教えてください。

タキネスチョップ、カールP3

粒のときの用具の記憶が薄い。正直強制された用具に愛着がなかったのが一番。

ガシアンエキストラ

 

マークV、スペクトル

粒のときと一緒で記憶は薄い。ただこのラケットは高校のときに新しいのを

買いなおしており自分の戦い方とマッチしていると思っている。

 

ジャン=フィリップ・ガシアンは当時も今も私の目標とする選手なのだが、

現代卓球にこの戦い方があっているのか不安な側面もある。また目指している

もののスタイルとして古い動画しかないので正直どう参考にしていいか悩んでいる。

ジャン=フィリップ・ガシアン - Wikipedia

 

 

1高校時代

顧問から用具を強制されたりしない環境になり、お金の許すなかでひたすら

ラバーを試したのもこの時期。シェークの裏裏に戦型を変えてドライブ主体の

一般的なドライブマンに戦型が変わったのもこの時期である。筋力がつき、腹筋が

われてたのもこの時期。まわりの線型もカットや粒、表ペンと多彩な線型がいたのに

裏裏シェークが同期にいなくて裏裏にした記憶がある。裏裏にしてブロックが苦手に

なっていかに粒や表が相手のドライブを止めやすいか知ったりもした。しかしバックが

裏になったのでバックドライブからの得点もできるようになりどっこいどっこいな気が

気がしている。表の弾く打ち方の癖が抜けず、バックの打法はこするような打法以外

詳しく知らないので我流な気もしている。

 

用具

ガシアンエキストラ

先輩のガーボンラケットやアリエートガーボンラケットを試打したがオーバーばっかり

だったので中学のラケットを新しくした。新しく買った方のラケットにはガシアンの

名前の印字がなくなっていたので同じ見た目でレンズ部分が微妙に違うのが悲しい。

ルデアック

木材でも弾むラケットで7枚にしようとしたとき、SK7の見た目が気に入らなかった

ので色々探したときに買ったラケット。裏裏にしたときに合わせて買ったので裏裏で

使用するならこのラケットでもブロックやカウンター等使いやすかった記憶。あくまで

裏裏でも前陣で使用するために買っているのでそういった戦型であれば扱いやすい7枚

表の使用感は記憶にない。

 

 

ラバーは色々試したので記憶があいまいだ。

卓球技術は高校の記憶で止まっており今のプラスチックボールと相性の関係もあるので

当時の感覚はあてにしてない。ただ自身の打法と合わせると中国ラバーは合わないが

XIOMのラバー(当時はZETAってやつを使用)はすごいよくて何回か使った記憶がある

 

 

家にあるラバーの紙から推察できる高校で使ってたラバーは

スレイバーG2(多分バック、FXもあったのでやや気に入ってた)

エクステンドHS(多分フォア)

ナルクロスEX(多分フォア)

レフォーマ(多分バック)

ZETA(両面使ってた、気に入ってた)

レナノスソフト(多分バック)

 

表(高1での裏で使用)

レイストーム

フレアストーム

チャレンジャー

ハモンドFA

 

以上である。

なんかニッタクのラバーが多いので多分当時ニッタク用品にはまってたのだと思う。

思い返してみたらテナジーを使ったことがなかった。

 

 

そして現在の用具

TSP ニュースピン(もらい物)

ラザントターボ(もらい物)

ハモンドFA(高校のときのやつ)

という状態。

 

ラザントターボは回転がかけやすいけどラバーが重い。

同様にTSPのラケットも重心の位置が悪くフォアハンドが振りにくい気がする。

バックのラバーは正直スポンジが水分を吸っていて弾まないのでブロック用になって

いて強打は表のような早い球は出てない気がする。

 

そんなこんなでとりあえずラケットもラバーも当時のものは湿気によってラケットの

重さが重くなっている(当時書いた鉛筆の重さよりも測ると重い)し、

ラバーも同様の状態なので年明けに心機一転

新しいラバーを購入したいと思うところがこのブログの書くネタの一つ。

今度WRMって店に友人が連れて行ってくれるそうなので

そこで相談するのもいいかもしれない。

 

まだ決めきれていないので、現在レビューをみて考え中であり、この時間が用具

選びで一番楽しい時間だと思っている。

 

年齢や性別に関係なく買い物で商品を決めるときは楽しいものです。